コロナ渦でガッポリ儲かってウハウハなのは・・・透明マスクには理由がある?

ネットの噂話し
この記事は約2分で読めます。

 

気象庁も緊急会見で活用!透明マスクには理由がある?

 

コロナ渦でガッポリ儲かってウハウハなのは・・・透明マスクには理由がある?

気象庁も緊急会見で活用 忖度があったか?なかったか?は定かではないが・・・ メディアで一躍有名に!

 

 

マスク国内最大手ユニ・チャームの「顔がみえマスク」

新型コロナウイルス感染症とともに始まったマスク着用により、

口元の動きからも会話を理解する聴覚障害者らには、

相手がマスクを着けていると、

『コミュニケーションが取りづらい』と・・・

昨年4月から発売。

 

ユニ・チャームが「半透明マスク」を新発売 予約開始7時間で ...

 

製品の強度を示す剛性、曇りにくいフィルムなど素材を選定。

口元だけでなく、口角やえくぼを確認して、

コミュニケーションしていることも分かり、顔全体が視認できる。

 

また、環境に配慮したマスクも登場

王子ネピアは、サトウキビトウモロコシなど、

植物由来素材を80%使用したマスクを開発。

使用後、焼却により発生する二酸化炭素(CO2)は、

植物の光合成により吸収される。

「ネピア ネピ eco バイオマス マスク 30枚入」

 価格は送料込み2980円で、ポストに投函する。公式通販サイト「nepia銀座店」。

 

マスメディアで一般市民の目に触れて一躍有名。

忖度があったか?なかったか?は定かではないが、

コロナ渦で不況に突き落とされた中小企業もあれば、

ガッポリ儲かってウハウハな大手資本企業。

パンデミックだと世界の資本家達に仕組まれ、煽り上げられた結果・・・

コロナという、誰も見ることが出来ない、

『見えない恐怖』

『無症状という症状の病気』

を、信じて受け入れてしまった。

これは、無知な私たち自身がが生み出した、格差社会の現実です。

 

 

PR

皮膚科医が認めた日本製シルク100%マスク 皮膚科医が認めた日本製シルク100%マスク

 

スマートシルクマスクシリーズは、

令和の大嘗祭の皇室献上絹織物も織った、

新潟県五泉市の老舗絹織物工場「横正機業場」が開発。

きっかけはコロナ禍で肌荒れに悩む女性の悲痛の声。

肌荒れを解消し、より美しい肌や、何よりも『明るい気持ちを目指す!』

ことを追求したシルク100%のマスク。

 

コメント