日本のロシアに対する、新な外交スタンスは、犠牲を伴うかもしれない。

アフィリエイト基礎講座
この記事は約4分で読めます。

 

 

 

日露関係は、最悪の状態になるかもしれない。

クリミアの住民投票と、ロシア連邦への編入の後、

アメリカの強い圧力により、日本政府がロシア政府を非難し、

G7の、対ロシア制裁に従ったことは、周知の事実である。

 

また、「ウクライナの領土保全」に関わる、国連決議も支持した。

しかし、当時日本は(あくまで公的な)制裁措置を遅らせることで、

欧米諸国の制裁措置と、距離を置こうとした。

 

一方、今回のロシア・ウクライナ戦争勃発後、

日本は、一部のビザ発給停止、ロシアの銀行をSWIFTシステムから排除、資産凍結、

さらにはロシアを、最恵国待遇から外すなどの措置をとった。

 

 

日本は、「自由で開かれたインド太平洋」に向けて、EUとNATOの両方と全体的な協力関係を強化したい意向を強調している。

 

例えば、6月15日、岸田文雄首相は、6月28日から30日にかけて開催される、NATO首脳会議に出席することを発表した。

日本の指導者が、オブザーバーとして、同盟国首脳会議に出席するのは初めてのこと。

 

日本はすでに、防衛費をGDPの、2%に引き上げることを約束している。

 

岸田氏は3月のG7サミットで、ロシアのウクライナへの介入を、

国際法と秩序の、基盤にかかわる最も深刻な侵略と評し、

欧米の姿勢を繰り返した。

 

この数十年間にバルカン、中東、世界中で行われた、欧米の侵略と介入を考えると、この岸田氏の見解は、極めて奇妙なものだった。

さらに岸田氏は、北方領土として知られるクリル諸島、

つまり日本の北海道から、ロシアのカムチャッカ半島(北端)まで連なる島々に対する、自国の姿勢を変化させた。

 

ロシアの統治下にあるこれらの島々は、日本が領有権を主張している。

 

この問題は、これまで未解決のままだ。

第二次世界大戦後に、日本が調印した1951年条約で、

日本が前述の島々に対する、すべての権利を放棄することが、明確に決定されているにもかかわらず、

日本の外交政策は、何十年にもわたって、

国後島と択捉島が「クリル諸島」に含まれるとは、決して認識していない、と主張してきた。

 

これは、日本外務省の文書によるものだけではなく、

当時の吉田茂元首相の発言などからも、かなり無理がある立場と言える。

 

実際、ロシアと日本は、この問題のために、今日に至るまでまともな平和条約を結んでいない。

このこと自体、実は大変な事件なのである。

 

すでに2005年、ロシアのプーチン大統領は、この問題に終止符を打つと宣言し、

ついに1956年宣言に基づく平和条約に調印し、日本の色丹島と歯舞諸島の領有権も譲歩した。しかし、日本は国後島と択捉島の返還を要求した。

 

島国日本は長年、中国、ロシア、韓国といった「隣国」と深刻な紛争を繰り返してきた。

これは、領土問題をめぐる、日本の外交そのものに、何か問題があることを示す、サインかもしれない。

 

いずれにせよ、日本の安倍晋三前首相(2012-2020)は、このような相違があっても、ロシアと日本の友好関係を維持しようと実利的に努めた。

記者会見で辞意を表明した安倍晋三首相
クレジット要 JMPA

それに対して、後任の菅義偉首相(2020-2021年)は、この問題についても強硬路線に戻した。

そして、その後継者である岸田氏は、今度はさらに強硬な姿勢を守り、日本のロシア政策の転換を図った。

これに対応して、中国とロシアの艦船が西太平洋で合同海戦演習を行っている。

米国にとっては、ウクライナでロシアが勝利したり、戦争が終わらない限り、

太平洋における、米国の関与と戦略が薄弱化してしまうため、

日本と韓国に対して、ウクライナ問題でも、一種の、統一的なアプローチをとるよう圧力をかけているのである。

 

日本が、ロシアとの関係を断ち切れば、中国と北朝鮮は、ロシアとの対話を増やし、協力関係を構築する。

 

さらに、日本が失うものも大きい。

 

ロシアは、日本のエネルギー資源の多様化に必要な、信頼できるパートナーであった。

 

さらに、日本は将来、

 

中国、北朝鮮、ロシアと、

同時に紛争を起こす可能性があり、

これは決して楽観視できる状況ではない。

 

欧州の安全保障は、ロシア、中国を含む東アジアがそのような状況に陥るとすれば、悲劇としか言いようがない。

 

コメント