LINEとメール 今後のライフスタイルと新たな価値観、利便性と危険性について考察してみました。 | あっきー。のブログ『世界の見方』

LINEとメール 今後のライフスタイルと新たな価値観、利便性と危険性について考察してみました。

ネットの噂話し
  • LINEとメールの年代別のユーザー比率に関する情報です。

    LINEの利用率:
    20代の利用率が最も高く、88.8%
    30代の利用率は80.8%
    40代の利用率は70.8%
    50代の利用率は54.8%
    60代の利用率は39.2%
    70代の利用率は16.8%


    メールの利用率:
    20代の利用率は85.3%
    30代の利用率は88.8%
    40代の利用率が最も高く、91.7%

    50代の利用率は88.8%
    60代の利用率は74.4%
    70代の利用率は50.0%


    エビデンスとして、

    LINEに関する情報
    株式会社ビデオリサーチ「LINEリサーチ 年代別・性別の利用率と利用時間の変化」調査結果資料から引用。

    メールに関する情報
    株式会社マクロミル「メールに関する生活者リサーチ」調査結果資料参考から引用。
2024年4月版!性別・年齢別 SNSユーザー数(X(Twitter)、Instagram、TikTokなど13媒体)  | 株式会社ガイアックス
本記事ではユーザー数・年齢層・利用率などの役立つデータをまとめています。また、各媒体の仕様変更やニュースを確認したい方は当サイトの新着記事や、年間のまとめ記事もございます。合わせてご覧ください。   本記事は企業のSNSマーケティ

LINEとメールの生き残る可能性について考えてみます。

LINEは20代の利用率が最も高く、70代でも16.8%の人が利用しています。

メールは40代の利用率が最も高く、70代では50.0%の人が利用していますが、60代以上の年代の人々の利用率が低い傾向にあります。

両者を比較するとLINEの方が様々な年代の人々に利用されていることがわかります。

今後の社会情勢を鑑みて、どちらのシステムが生き残るか考えると、LINEの方が生き残る可能性が高いと考えることができます。

しかし、LINEとメールの両者にはそれぞれ異なる利便性があり、どちらが生き残るかを断定することは困難です。

最終的にどのサービスが生き残るかは、今後の社会の情勢によって変化するため、確定的なことは言えません。

LINEとメールそれぞれ異なる利便性について考えてみます。

LINEの利便性

  • 友人との連絡に便利: LINEは友人との連絡に非常に便利です。グループを作成して複数人でやり取りすることもできます。
  • 無料の通信ができる: LINEはインターネット接続があれば、無料で通信することができます。
  • スタンプで気持ちを伝えやすい: LINEにはスタンプ機能があり、気持ちを伝えやすいという特徴があります。

メールの利便性

  • ビジネスでの利用に適している: メールはビジネスでの利用に適しています。取引先と連絡を取る際に便利です。
  • 書き間違いに対する修正が容易: メールでは送信前に内容を確認できるため、書き間違いに対する修正が容易です。
  • 複数の送信先に同時に送れる: メールでは複数の送信先に同時に送ることができます。

上記のような「利便性」を追求する一方で、危険性という側面も考えなければいけません。

今後の世界情勢を考慮しつつ、両者にとって『セキュリティ対策の重要性』について考えてみましょう。

セキュリティ対策の重要性について考えてみます。

LINEとメールはそれぞれ個人情報を扱うため、セキュリティ対策は非常に重要です。

今後の世界情勢を考慮すると、以下のような対策が考えられます。

  • パスワードの強化: パスワードを強化することで、不正アクセスを防ぐことができます。
  • 二要素認証の導入: 二要素認証を導入することで、パスワードが漏れてもアカウントが乗っ取られる可能性を低くすることができます。
  • 暗号化の強化: 暗号化を強化することで、情報が漏れても内容が漏れる可能性を低くすることができます。
  • 迷惑メールのフィルタリング: 迷惑メールのフィルタリングを行うことで、フィッシング詐欺などの被害を防ぐことができます

これらは一般的なセキュリティ対策に関する説明であり、個人の使い方によって異なる場合があります。

また、これらのセキュリティ対策は、今後の世界情勢の変化に合わせて変更する必要があります。

海外のサーバーを利用した詐欺について、セキュリティ対策の観点から考えられること。

直近のニュースでも、海外からのサーバーを利用したSNSの偽広告詐欺が報じられています。

SNSでは偽広告詐欺と呼ばれる手口があり、海外からのサーバーを利用することで、詐欺行為を行いながらも捕まえることが困難な場合があります。


このような詐欺行為に対しては、以下のような対策が考えられます。

  • 偽アカウントの削除: 偽広告詐欺のアカウントを発見した場合、SNS運営会社がアカウントを削除することができます。
  • 詐欺サイトのブロック: 詐欺サイトにアクセスした場合に、ブロックすることができます。
  • ユーザーへの注意喚起: SNS運営会社がユーザーに対して詐欺行為に関する注意喚起をすることができます。

これらの対策は、一般的な意見であり、個人の使い方によって異なる場合があります。

また、これらの対策は、今後の世界情勢の変化に合わせて変更する必要があります。

LINEは世界中でどれくらいの普及率でしょうか?

LINEは現在、世界中で1億6,000万人以上のユーザーが存在すると言われています。

しかし、これは全世界の人口からみると、まだまだ少ない数字です。

ただし、LINEのユーザー数は年々増加しており、今後も増え続けていくと考えられます。

ちなみに、フェイスブックの普及率はというと、ユーザー数は2020年時点で、全世界で26億人以上であると発表されています。

これは、全世界の人口の約3分の1に相当する数字です。

LINEの約17倍以上!

ただし、フェイスブックのユーザー数は国や地域によって大きく異なります。

例えば、アジアやアフリカの一部の国では、フェイスブックのユーザー数が人口の大多数を占めている一方で、中国やロシアなどの一部の国では、フェイスブックのユーザー数があまり多くありません。

LINEというSNSアプリケーションについて歴史、沿革、生い立ちや創業時の秘話など

LINEは、みなさんも御存知の通り、LINE株式会社が運営するコミュニケーションアプリケーションです。
または同アプリケーションを利用したオンラインサービスの総称であり、スマートフォンやPCなどに対応していますね 。

LINEは2011年3月にサービスを開始し、2021年3月時点では世界中で1億6,000万人以上のユーザーが存在する大きなプラットフォームに成長しました。

LINEの歴史についてまとめてみましたのでお伝えします。

  • 2000年:韓国のIT企業ネイバーNAVER社の子会社として、LINE株式会社の前身であるネイバージャパンNHN Japanが設立される。
  • 2010年: ンターネット上の検索サービスなどを運営する韓国企業のNHNが、スマートフォン向けのサービスを強化するために新会社「NHN Japan」を設立し、同社に吸収合併される。
  • 2011年3月:LINEのサービスを開始
  • 2011年4月:3.11 東日本大震災で通信手段が不通になった際にLINEが使用され、ユーザー数が増加
  • 2011年:東日本大震災での経験から、災害時における連絡手段としてスマートフォン向けの無料通信アプリ「LINE」の開発が始まり、同年6月にサービスを開始
  • 2011年8月:日本国内でユーザー数が1,500万人を突破
  • 2013年1月:世界でユーザー数が1億人を突破
  • 2013年:東京証券取引所市場第一部に上場。
  • 2015年:子会社のLINEモバイルを通信事業者としてサービス開始。
  • 2017年:東京証券取引所市場第一部に再上場。

創業時の秘話として、LINEの前身となるサービスは、2010年12月に開始された「ナウ」というサービスであり、当時の開発者は、後にLINEの最高経営責任者となる森川亮でありました。

「ナウ」は、ユーザー数が伸び悩み、サービスの継続が困難な状況にありましたが、東日本大震災での経験から、災害時における連絡手段としてスマートフォン向けの無料通信アプリ「LINE」の開発が始まり、「ナウ」の開発チームを中心に開発が進められました。

LINEは元々、韓国のNAVER社が子会社として設立したNHN Japanが開発したアプリケーションです。

しかし、2013年4月にLINEはNAVERから独立し、LINE株式会社としてスタートしています。

その後、2021年11月にはZホールディングスと経営統合し、現在はZホールディングスの子会社として運営されています。

Zホールディングスとはどんな企業?

Zホールディングスは、ポータルサイトのYahoo! Japanや、決済サービスのPayPayなどを運営する日本の会社です。

Zホールディングスは、2019年11月にソフトバンクグループとLINEの経営統合が発表されたことを受けて、2020年3月に設立された会社です。

その後、2023年11月にLINEとの経営統合を行い、現在はLINEとともにサービスを提供しています。

Zホールディングス株式会社
Zホールディングス株式会社

LINEとメールの今後の展望

LINEとメールは今後もその需要が高まっていくと考えられます。

その理由として、コミュニケーションツールとしての役割がますます高まっていくことが考えられます。

LINEは今後、より企業とユーザーをつなぐツールとしての役割が高まっていくと考えられます。

すでに企業のLINE公式アカウントを友だちに追加することで、ユーザーは企業と直接つながることができ、企業からの情報を受け取ることができます。

また、LINEはユーザーの購買データを持っているため、企業はそのデータを活用したマーケティング施策を打つことができます。

メールは今後、よりビジネスコミュニケーションのツールとしての役割が高まっていくと考えられます。

メールは送信者と受信者の双方の都合に合わせてコミュニケーションを取ることができるため、ビジネスシーンでは今後も重要なツールとなるでしょう。

ライフスタイルと新たな価値観

ZTEがAndroid搭載モバイルプロジェクターと2機種のSIMフリースマートフォンを発表|ガジェット通信 GetNews
ZTEがAndroid搭載モバイルプロジェクターと2機種のSIMフリースマートフォンを発表

LINEとメールの今後の展望に基づいた、ライフスタイルと新たな価値観について考察してみます。

LINEは今後、ユーザーのライフスタイルにより深く関わっていくサービスになるでしょう。

LINEはすでにユーザーの購買データを持っているため、ユーザーの趣味や嗜好に合わせた情報を提供することができます。

そのため、ユーザーは自分の趣味や嗜好に合わせた情報を受動的に受け取ることができるため、自分のライフスタイルに合った情報に出会うことができるようになるでしょう。

メールは今後、ビジネスでのコミュニケーションツールとしての役割が高まるため、ビジネスでのメールの重要性が高まるでしょう。

メールの送信者と受信者の双方がメールをいつでも確認できる環境が整うことで、メールの返信の早さがビジネスでの信用に関わるような価値観が生まれるかもしれません。

危険性と利便性

LINEとメールの危険性と利便性の側面から考察してみます。

LINEは今後、ユーザーの購買データを活用したサービスが展開されることが予想されます。

そのため、ユーザーの個人情報が流出するリスクがあります。

また、LINEはユーザーのライフスタイルにより深く関わっていくサービスになるため、ユーザーのプライバシーを侵害するようなサービスにならないように注意する必要があります。

メールは今後、ビジネスでのコミュニケーションツールとしての役割が高まるため、メールのセキュリティがより重要になるでしょう。

メールのセキュリティが破られることで、企業の機密情報が流出する可能性があります。

そのため、メールのセキュリティを強化する必要があります。

最後に私達の「マインドセット」について

最後に、私達がLINEやメールを使用する際に考えなければいけない「マインドセット」について考察してみましょう。

プライバシーの保護

LINEはユーザーの購買データを活用したサービスが展開されることが予想されるため、ユーザーの個人情報が流出するリスクがあります。

そのため、ユーザーは自身の個人情報がどのように扱われるかを意識する必要があります。

セキュリティの確保

メールのセキュリティが破られることで、企業の機密情報が流出する可能性があります。

そのため、企業はメールのセキュリティを強化する必要があります。

また、個人でメールを使用する際にも、セキュリティ対策を行う必要があります。

情報の取捨選択

LINEはユーザーのライフスタイルにより深く関わっていくサービスになるため、ユーザーは自分のライフスタイルに合った情報を受動的に受け取ることができるようになります。

そのため、ユーザーは自分に
必要な情報、不要な情報を取捨選択する能力が今以上に求められるでしょう。

LINEとメールを使用する際に考えなければいけないマインドセットについての考察してみました。

なお、これはあくまでも私個人の見解、意見であり、他にも様々な考え方があるでしょう。

今回の考察があなたのお役に立てれば幸いです。

コメント