あっきー。のブログ『世界の見方』 | ページ 2
アメブロ

【嘘!?ホントに?あのアメブロが・・・】アメブロユーザー6,700万人にリーチ!!

『アメブロ集客マスター講座』アメブロジック アメブロユーザー6,700万人にリーチ!! 超・初心者向け ブログライティングと集客の鉄板教材をあなたに‼ アメブロと聞いて、あなたは何を思いますか? 「は?古っ!」 と思ったのではないでしょうか...
ネットの噂話し

日本赤十字・血漿製剤 ハイリスクな輸血~ワクチン接種者の血液~

日本赤十字・血漿製剤 ハイリスクな輸血 ~ワクチン接種者の血液~ !function(r,u,m,b,l,e){r._Rumble=b,r||(r=function(){(r._=r._||._.length==1){l=u.createE...
ネットの噂話し

マスクに感染予防効果〇し

厚生労働省の通達では、 距離が確保できていれば会話をしても「マスク必要なし」としているのに、 この通達を遵守する人は少ない。 マスクの本当の、性能・重要性、また今後の感染症に対する考え方などについて 考察してみた。
ネットの噂話し

パンデミック最後のシナリオはAIDSエイズ?

2月18日にビル・ゲイツ氏がドイツで開催されたミュンヘン安全保障会議に出席し、 「新型コロナウイルスのリスクは減ったが、また次のパンデミックが発生する。 新たなパンデミックは、コロナの系統とは異なる病原体を起源とするだろう」と演説!! 世界各地でコロナ用ワクチンの争奪戦が繰り広げられている。 今やワクチン・メーカーにとっては「売り手市場」と言っても過言ではない。 その結果、「ワクチン長者」が続々と誕生している。 トップはモデルナのステファン・バンセル社長。 以下、ファイザーと提携するビオンテックの社長やモデルナの最大の投資家らが続く。 政府の開発資金を基にワクチンを開発しているにもかかわらず、こうしたワクチン・メーカーは値段を安くするどころか、値段を吊り上げ、「史上空前の利益」を上げている。 本来なら、「人類の危機的状況」であり、無償提供されてもおかしくない話であろう。 人さまの不幸に付け込むような、あまりにも露骨な儲け主義には大きなしっぺ返しが来るに違いない。 モンタニエ博士による警告。 パスツール研究所に籍を置き、HIV発見、ノーベル生理学・医学賞の受賞で知られる、 ウイルス学の権威、リュック・モンタニエ博士による警告。
ネットの噂話し

WHO、サル痘を「世界的緊急事態」と宣言!~2つのシナリオが同時進行中!~新たな第3のシナリオの始まりか?~

すべてはビ○・○○ツの企み? ~新たな第3のシナリオの始まりか?~ 現時点においては、サル痘とコロナワクチンの因果関係を示すデータはない。 その一方で、帯状疱疹の増加とコロナ感染、 コロナワクチン接種との潜在的な因果関係を示唆する研究結果は、複数報告されている。 【 ワクチン接種後の帯状疱疹発症率は0.3~1.3% 】 ワクチン接種後の帯状疱疹発症率を調査した研究でも、同様の結果が報告されている。 アムステルダム大学医療センターのカルメン・ヴァン・ダム博士が作成した報告書によると、 2021年7月時点の欧州におけるファイザーワクチン接種後の帯状疱疹発症数は4,103件、 モデルナ接種後は590件、アストラゼナカ接種後は2,143件、 ジョンソン・エンド・ジョンソン接種後は59件。 全有害事象を占める割合は、それぞれ1.3%、0.7%、0.6%、0.3%と極めて低い。 コロナワクチン接種後、免疫応答の司令塔的役割を担うリンパ球(T細胞)に、 一時的な減少が見られたとの研究結果も報告されていることから、 それが帯状疱疹につながった可能性が指摘されている。 グローバル製薬企業グラクソ・スミスクラインのシニア臨床研究開発担当者、 アミット・バブサル氏は、 「これらの症例報告を見る限り、コロナウイルスによる細胞媒介性免疫の機能不全が帯状疱疹の再活性化を引き起こす可能性はある」としている。
ネットの噂話し

サル痘のシナリオは、進化し続けている!

サル痘(さるとう)と、聞き慣れない言葉と共に、コロナの次に来ると言われる感染症。 これはバイオテ◯である可能性と共に、コロナ同様、 パンデミックが起こるまでのシナリオが組まれていて、 現状、その通りに進んでいる。 コロナ以上の被害が予見、 ビル・ゲイツが関わる進化し続けるサル痘のシナリオとは!?
ネットの噂話し

米国の武器売却は、台湾を勝てる見込みのない戦争で犠牲にするために計画されたものだ。

日米首脳会談などのため、日本を訪れたアメリカのバイデン大統領。 滞在中、最も注目された発言の1つが「台湾有事」をめぐる発言。 記者から「台湾防衛のために軍事的に関与する用意があるか」と質問された際、 「ある。それがわれわれの決意だ」と答えた。 これまでの方針よりも、かなり踏み込んだ発言だった。 中国が武力で台湾統一を試みる可能性はどれくらいあるのか? 我々を含む米国の属国諸国は、今後のどのような意識で、 米国と接しなければいけないのか?日米首脳会談などのため、日本を訪れたアメリカのバイデン大統領。 滞在中、最も注目された発言の1つが「台湾有事」をめぐる発言。 記者から「台湾防衛のために軍事的に関与する用意があるか」と質問された際、 「ある。それがわれわれの決意だ」と答えた。 これまでの方針よりも、かなり踏み込んだ発言だった。 中国が武力で台湾統一を試みる可能性はどれくらいあるのか? 我々を含む米国の属国諸国は、今後のどのような意識で、 米国と接しなければいけないのか?
ネットの噂話し

キッシンジャー ウクライナ危機で起こりうる 3つのシナリオについて分析する

【 世界の見方(View of the world)】vol.4 ヘンリー・キッシンジャー元米国務長官の発言が、 ロシアに対するウクライナの領土割譲を容認したと受け止められ、 波紋を呼んでいる。 ウクライナは猛反発し、ロシアは発言を利用して、 ウクライナに要求を受け入れるよう迫っているが・・・
ネットの噂話し

日本のロシアに対する、新な外交スタンスは、犠牲を伴うかもしれない。

【 世界の見方(View of the world)】vol.3 日本のロシアに対する、新たな外交スタンスは犠牲を伴うかもしれない。 2022年2月24日 早朝、プーチン氏がウクライナ東部での「特別な軍事作戦」の実施を発表。 首都キーウ(キエフ)などへのミサイル攻撃や空爆が始まる。 プーチン政権のウクライナ侵攻をなんとか思いとどまらせるため、 ドイツのショルツ首相やフランスのマクロン大統領が、 モスクワを訪問してプーチン大統領と会談したり、米バイデン大統領がプーチン大統領と電話会談したりするなど、 国際社会の外交努力が続けられてきたが、そうした努力がまったくの実らなかった。 日本政府もまた、そうした外交努力に参加してきた。 ただし、その姿勢は他の主要国とはだいぶ異なる。 主要国はロシアの危険な行動を非難し、軍の撤退を要求しているのに対し、 日本政府は徹頭徹尾、ロシアを名指し批判することを避けていたのだが・・・
ネットの噂話し

【The PCR tests don’t work!】 “PCR検査は役に立たない!” パンデミックはあくまで実験で、 実験というのはサイコロを振るようなものです。

PCR検査はcovid19の陽性感染を診断するために役に立たない。 私たちは皆、そう言い続けていますが、その意味を理解できていないようです。 なぜなら、PCR検査が感染診断に機能しないと分かっていても、PCR検査が感染の診断をすると仮定した結果、 作り出されるすべてのデータを受け入れ続けるからです。